粗大ごみの処理は有料で次の2通りの方法があります。

1.クリーンセンターしらさぎに電話申込みをして収集を依頼する方法
      手数料:1点につき860円
      ※粗大ごみ処理券が必要です。販売店はこちらをご確認ください。

2.クリーンセンターしらさぎに直接持ち込む方法
      手数料:1点につき430円
      ※粗大ごみ処理券は必要ありません。

申込先及び持ち込み先:
   クリーンセンターしらさぎ
   所在地:千葉県柏市藤ケ谷1582番地
   TEL:047-443-5300

(参考:鎌ケ谷市公式サイト内「くらしのガイド/ゴミ」ページ)


ゴミの問題は、どの地域でも深刻になりつつあります。Code for Kanazawaでは、先ずは正しいゴミの捨て方に注目しました。目的と使い方は、とてもシンプルです。
※本アプリはCode for Kanazawaが開発した『5374.jp』を、千葉県鎌ケ谷市版にローカライズを行ったものです。

目的

「いつ、どのゴミが収集されているのか?」例えばお引っ越しをされた場合や、新しく鎌ケ谷市に住むことになった時、このアプリを使えば、すぐに分かるようにデザインされています。

使い方

色でゴミのジャンルを表示

一番近いゴミの日とジャンルを上から順に表示しています。ゴミ収集の休止日(年末年始および日曜・一部の祝日と振替休日)にも対応しています。

捨てる事が可能なゴミ

ゴミのジャンルをタップすると、捨てることが可能なゴミの一覧を見ることができます

設定

お住まいの地域を選択することで、ゴミ収集日が自動的に更新されます。

提供されるゴミ情報について

鎌ケ谷市が公開しているデータからCode for Kamagayaが独自に解析し、アプリに実装しました。

ライセンスについて

本アプリの著作権はCode for Kanazawaに帰属します。

Code for Kanazawa(コードフォー金沢)について

コードで、世界をHappyに。
各地域には様々な課題があり、解決するためのコミュニティ(団体)も数多くあります。
課題の中には、ITやデザインの力で解決できるものも多くありますが、全てのコミュニティにそのスキル(技術)が備わっているわけではありません。

Code for Kanazawa(CfK)は、市民の課題を集め、その課題を整理・分析した上で、メンバーが実際に課題解決となるソフトウェアやハードウェア(仕組みや方法)を開発します。
私たちは、デザインをして、ソフトウェアコードを書き、課題を解決するサービスを完成させるのです。さらに、そのサービスを提供し続ける力も持ちます。

CfKは市民のための組織です。行政や民間企業の影響を受けずに中立・公益の立場から物事を判断するよう心がけています。

公式サイト
http://www.codeforkanazawa.org/

Code for Kamagaya(コードフォー鎌ケ谷)について

千葉県鎌ケ谷市版のローカライズを行いました。
Contributers:
   真魚 長明(Nagaaki Mao), deepdemocracy.center (Coordinator)
   青柳 涼(Ryo Aoyagi), aoiro-web.com (Developer)

このアプリをみんなに教える

(平成30年度情報に更新)
5374(ゴミナシ).jp 千葉県鎌ケ谷市版